わんどんです。


アフィリエイトで問題視するべきなのが
「アクセス」ですよね。


アクセスがない=お客がいない
お客がいない=売れない



誰にでも分かることです。


じゃあアクセスを集めよう!となると
「SEO対策」に力を入れがちですが、


他にもアクセスの流入経路はあります。


アフィリエイトで売るためには
見込み客を集めるんですから、


「人の多い」ところから
アクセスを流したほうが、
買う可能性も上がるってもんです。


その際に何を選ぶのか?


アフィリエイトブログへのアクセスの流し方



ネット集客において
検索エンジン以外のアクセス流入経路の
常套手段としては


「Twitter・Facebook・youtube」などの
サービスを利用する人が大半ですね。



主にSNSです。


youtubeはちょっと違うけど
人が多いのは事実。


アフィリエイトブログへの
有効なアクセス経路だといえます。


が、ちょっと待った。


僕が思うに、
SNSでアクセスを集めても売れません。


売れないというか、
見込み客が圧倒的に少ない。


SNSの有効活用方法はもっと他にあります。


アフィリエイト×SNSの有効活用方法



そもそもSNSに集まる人間層を
理解していないと


アクセスばっかり多くなって
一向に売れないブログの出来上がり。


アクセス=成約率なのは
「トレンドアフィリエイト」のみです。



そう、トレンドアフィリエイトなら
SNSをキャッシュポイントにできます。


正確には、グーグルアドセンスが
主なキャッシュポイントなので


アクセスを集めるだけ集めれば
お金になる可能性が上がります。


トレンドアフィリエイト×SNSは
効率的だといえますね。


唯一使えるトレンドアフィリ教材はこちら。
最強のトレンドアフィリ教材


アクセスの重要性はアフィリエイト手法による



SNSにいる人って
「購買意欲」が低いんですよ。



遊びに来てるわけですからね。


簡単にお金を落とすか?といえば
まぁ、ないでしょうね^^;


だって、悩んでないんですもん。


SNSユーザーは
単純に娯楽目的で
人と交流をしていますから、


悩みなんて思い出すどころか
わざと表に出さない傾向もあります。


SNSで愚痴ばっかりの奴なんて
嫌われますからね。


じゃあどうすればいいのか?っていうと
堅実にSEO対策してたほうがいいってことです。





物販アフィリもダメなのか?


…ダメですね^^;


SNSって、
おバカなアフィリエイターが
botアカウントを大量に作って保有してるから、


SNSユーザーは「URL」を嫌うんです。


「あぁ、あのウザい広告のやつでしょ」


身に覚えがあるかもしれませんが、
まぁ、リンク付きツイートはウザいんですよ。


Twitterから化粧品を買う人は
そうそういませんし、


お歳暮とか筋トレグッズとか
欲しくても、Facebookから買わないでしょ(笑)




その点、
トレンドアフィリみたいな
ニュース性のある記事は好まれます。


娯楽目的なんですから。


2ちゃんねるまとめみたいなリンクは
簡単に踏んでくれます。


要は、
「娯楽=面白いものを欲している」



ということは、
トレンドアフィリみたいなブログが好まれるんです。




そしてもっとおバカなアフィリエイターさんは
SNSで貪欲にリストを取ろうとします。


リスト、取れないことはないです。


ただ、娯楽性の高いユーザーなんて
こちらからすれば質の悪いお客なわけで


専ら「LINE」ばかりで
メールという概念がない若い世代も多いですから、


SNSで効率的にリスト取りができるようなら
あなたも苦労してないはず。


ただ、うまくやればTwitterでリストは取れます。
正しい知識があればの話^^


僕の購入者サイトででも語ろうと思いますが。




なんにしても、
物販や情報商材なんてものは


娯楽層や若年層にとっては
全くもって無益だし
害でしかないということですね。


その点、
SEO対策はもちろんお客を集めるためには
最強の手法であり、


選択肢はこれしかないと言えます。


SNSはまた別の用途で使ったほうがいい。
うまくやればお客を生むのにな…



SNSと相性抜群のアフィリ手法


わんどんでした。


関連記事